インターネット 仮想通貨 勉強 経済

仮想通貨イーサリアムの仕組みについて簡単に知りたい方、必見!!

仮想通貨(暗号資産)の話題が多くなり、イーサリアムと言う言葉もよく耳にするようになってきました。
今回のブログを読むとビットコインとの違い、ブロックチェーン、Defi(ディーファイ)の基礎が分かります。
なお、投資や特定の銘柄を推奨しているものではありません。投資する場合は全て自己判断と自己責任でお願いします。

イーサリアムって何?

イーサリアムは仮想通貨プラットフォームの1つです。プラットフォームとは世界中の皆んながインターネット上で繋がれる特定の場所の事です。
当時19歳だったヴィタリック・ブテリンと言う人物が考案しました。

イーサリアムの時価総額(金額の大きさ)はビットコインについで2番目です。
イーサリアムはビットコインのような仮想通貨の1つと思われていますが、仕組みや作られた目的もまったく違います。

イーサリアムプラットフォームで使用されている仮想通貨をイーサ(ETH)と呼びます。
日本では、プラットフォームを指すイーサリアムと仮想通貨を指すイーサ(ETH)を共にイーサリアムと呼んでいます。

1番有名なビットコインでは、プラットフォーム名がビットコイン、仮想通貨名もビットコイン(BTC)で同じです。

このように通貨と呼ぶので目に見えるコインやお札のようなものをイメージしますが、実際は通貨をやり取りするシステムやデータの事になります。

ブロックチェーンって何?

ビットコインは管理者が居ないのに仮想通貨(ビットコイン・BTC)のやり取りが出来るプラットフォームの事です。

日本で通貨をやり取りする場合は銀行が管理者となります。
例えばAさんがBさんに10万円を振り込んだ場合、その情報を管理しているのは、やり取りを行なった銀行になります。

ビットコインの場合は、通貨のやり取りを誰でも見られるように全てがインターネット上に一般公開されています。
その情報は世界中にある1万台以上の端末(コンピュータ)で共有管理されています。
つまり1万台以上の端末(コンピュータ)が管理者として通貨の流れを管理しています。

銀行のサーバーの場合、管理システムのトラブル等で決済や振り込みが出来なくなったりする場合があります。
ビットコインの場合は、1万台以上の端末(コンピュータ)とそれらをつなぎ合わせるシステムで成り立っています。
つまりシステムがダウンすると言う事は、1万台以上の端末が同時にダウンすると言う事になります。
現実的にそのような事は、ほぼ起こりえないと考えられてます。
さらに、やり取りした情報は一般公開されており、たくさんの参加者によって監視や管理がなされているので嘘をついたり情報を改ざんする事も出来ないようになってます。
このような点からビットコインには価値が付いてます。

そして、このようなシステム(仕組み)の事をブロックチェーンと呼んでいます。

イーサリアムとビットコインの違いって何?

イーサリアムにはビットコインのようなブロックチェーンのシステム(仕組み)に加えて、開発者が自由にプログラムを組めると言う特徴を持っています。
先ほどのビットコインプラットフォーム上のブロックチェーンにある情報は、通貨のやり取りや誰がどの程度の通貨を持っているか等の記録でしかありません。
しかしイーサリアムプラットフォーム上のブロックチェーンには、プログラムが組み込めるので様々なサービスやシステムを作れて、より便利な使い方が出来るようになってます。

例えばビットコインプラットフォーム上でAさんがBさんに100万円送るとします。ただこれはプレゼントではなく5年後に120万円にしてBさんからAさんに返してもらう約束になっていたとします。この場合、ビットコインプラットフォーム上のブロックチェーンでは、通貨のやり取りや量の変化だけが記録されるので、返金や利息等については別途契約書が必要になります。
これがイーサリアムプラットフォーム上のブロックチェーンでは、プログラムを加える事が出来るので、5年後に120万円にして返すと言う所まで自動化出来るようになります。
つまり別途契約書作成の作業が必要だった取引がイーサリアムではプログラムするだけで便利なやり取りが出来るようになります。
このような契約の事を『スマートコントラクト』と呼びます。

このスマートコントラクトがイーサリアムの大きな特徴の1つになっいて、幅広い分野での活用が期待されています。

イーサリアムの今後の可能性
イーサリアムの活用法で大きく期待されている分野がDefiによる金融事業と新たな経済圏の創造です。

Defiによる金融事業って何?

簡単に言うと、これまで銀行等が行なってきた金融業をイーサリアムプラットフォーム上で行うというものです。
代表的なサービスにcompound(コンパウンド)があります。これは銀行を使わずにお金の貸し借りが出来るというものです。
銀行でお金を預けたら利息が貰えるのと同じように自分の仮想通貨を預けておけば利息が貰えます。お金を借りる時も同様で利息を支払えば仮想通貨を借りる事が出来ます。
ここで大きく違うのは、銀行のように管理者が居ないところです。なので貸し借りに対して公に決められた金利があるわけではありません。仮想通貨を預けた人と借りた人に対して適切な利率を計算して貸し借りが出来ます。それに加えて今まで銀行を使える機会を得られなかった人々に対しても金融サービスを提供できるようになると期待されています。

イーサリアムを使って金融事業を行う事に何のメリットがあるのか?と思われる方もいますが、現在の世界では15億人以上の人々が銀行口座を持っていないと言われてます。
その大多数は発展途上国に住んでおり貧困の為に身分証明等が出来ずに金融サービスが受けられていません。
そこでイーサリアムを利用する事によりたくさんの人々に金融サービスがいきわたるようになります。世界的な大企業も発展途上国に対して積極的な先行インフラ投資を行なっている事を考えると、今後普及していくであろうDefiとそのシステムを提供しているイーサリアムの将来性も明るいと考える事が出来ます。

新たな経済圏の創造って何?

仮想通貨を新たに発行するには、その通貨専用のブロックチェーンが必要になります。ビットコイン(BTC)を作るにはビットコイン専用のブロックチェーンが必要になります。
ブロックチェーンの信頼性が担保されているのは参加している人の数が多いからです。たくさんの人がシステムを使用し、たくさんの人が情報の監視や管理をしているので安全性が高まっています。

しかし新しく出来る仮想通貨のブロックチェーンは参加している人の数が少ないので安全性が低くなると言う問題があります。なので仮想通貨を作ろうと考えてもシステムだけでなく、いかに参加者の数を増やすか、と言う事が最大の問題になってます。

ですがこの問題もイーサリアムで解決出来ると言われてます。
なぜなら新しい仮想通貨を作る際にそのブロックチェーンの参加者として、イーサリアムの既存の参加者を組み込めるようにプログラムが出来るからです。

イーサリアム系の仮想通貨なら安心という心理が働き、参加者も増えていく事になります。この事もあって仮想通貨の新規発行は爆発的に増加するようになりました。
仮想通貨新規発行プロジェクトへの投資額は年々大幅に増加しています。現在、イーサリアムプラットフォーム上に作られた仮想通貨は数千種類あると言われています。

この仮想通貨を新規発行できるとう言う特徴から有望なプロジェクトには、多額の資金が集まります。これは、IT化が遅れている不動産業界や仮想通貨と相性のよいゲーム等の
分野にも拡大していく事が予想されています。

イーサリアムは単なる仮想通貨の1つと言うものではなく、新しいサービスやビジネスでの経済圏を創造するインフラとしての側面を持っています。

まとめ

イーサリアムは、金融業をはじめ不動産やゲーム業界など様々な分野でサービスとビジネスを生み出し、新たな経済圏を創造するインフラ的なプラットフォームに発展しています。
サービスを作りたいと考える開発者と参加する人々の増加により更に価値が高まります。

無限の可能性を秘めたブロックチェーンプラットフォームである、イーサリアムの今後に注目です。
その他にもたくさんの事が関わっていますので興味のある方は調べてみて下さい。

以上、参考になれば嬉しいです。
ありがとうございました。

お金や仮想通貨についてもっと勉強したい方におすすめの1冊、今後の世界経済の概要が理解できます。

テクノロジーがもたらす大きな変化を、企業、国家、社会などの切り口から大局的に理解できます。

-インターネット, 仮想通貨, 勉強, 経済
-, ,

Copyright© 自らの経験や体感した事を報告するブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.