勉強 歴史

日本の初代女王 卑弥呼について簡単に知りたい方、必見!!

今回は卑弥呼(ひみこ)について解説します。


今から1800年前に日本で初めて女王になった卑弥呼ってどんな人物?

卑弥呼について覚えておくべき事、3つ
1.邪馬台国の女王
2.占いと魏との外交
3.邪馬台国について

1.邪馬台国の女王

紀元前1世紀ごろの日本には100ぐらいの国がありました。それぞれの国が争いあっていて勝ち残った国だけが大きくなっていました。邪馬台国もその内の一つでした。

時は流れて弥生時代に入り残った国は30ぐらいになっていました。そこでも王座をめぐる戦いは続いていましたが長年の争いで全員が疲弊していて『この状況を誰かまとめてくれ』と思っていました。これをまとめたのが卑弥呼です。それぞれの国の王が集まって話し合いによって卑弥呼が選ばれました。日本で初めての王になりその後は平和になっていきました。

2.占いと魏との外交

卑弥呼には占いの力があり神に使える巫女でした。巫女は『軍事力を持たないから安心』『戦略も占いで決めたらどうだ?』『神のお告げは絶対だ』と各国の王も納得していました。

さらに卑弥呼は外国の力を利用していました。239年中国大陸には魏という国がありました。有名な三国時代の魏です。卑弥呼は魏に数回にわたり使者を送り貢ぎ物を渡していました。そして魏からは金、刀、銅鏡などが送られてきました。その中でも銅鏡は珍しい物で日本にはありませんでした。卑弥呼は国民の前で銅鏡に太陽の光を反射させてあたかも魔法が使えるかの様に演出していました。

そして親魏倭王という称号を魏の王からもらいました。倭は当時の日本のことで『卑弥呼こそが日本の王だ』と魏の王に認めさせました。これにより日本全土をまとめて女王になりました。

3.邪馬台国について

卑弥呼はほとんど人前には現れませんでした。身の回りの事は全て弟がやっていて卑弥呼の言葉は弟から伝えられていました。卑弥呼の住んでいる所は沢山の護衛がいて入れない、たまに人前に出ると太陽の光を使って銅鏡の輝きを利用、流行病や天災の時には占いの力を使ってお告げをつげるなど国民にとってはミステリアスな存在で神そのものでした。魏志倭人伝によると卑弥呼が王になった時は、だいぶお婆ちゃんで生涯結婚もしなかったそうです。

当時の邪馬台国の人々には大きな身分の差がありました。食べ物は米や麦、豆や果物、肉や魚、お酒もありました。さらには納税の制度もありました。

これで卑弥呼について覚えておくべき事、3つを終わります。
そのほかにも沢山の出来事や人物が関わっていますので興味のある方は調べて見てください。

以上、参考になれば嬉しいです。
ありがとうございました。

-勉強, 歴史
-

Copyright© 自らの経験や体感した事を報告するブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.