勉強 古事記 歴史

古事記を分かり易く簡単に解説 スサノオとクシナダヒメまで

古事記について知りたいと思っている方、必見!!

古事記は難しいイメージがある。
そう思っている方に向けて古事記を簡単に解説します。

日本のはじまりのストーリーが書いてある神話が面白い。


前提情報として知っておくと良い事。

古事記は、
当時の天皇が日本は海外に誇れる国だ。諸外国のように国の歴史をまとめようと言うところからはじまった国家プロジェクトでした。
そのプロジェクトに呼ばれたのが日本各地にある神話と天皇の系譜をすべて暗記してる天才こと、稗田阿礼(ひえだ の あれ)です。

その稗田阿礼が習誦していた歴史を太安万侶(おお の やすまろ)が筆録して、まとめた物が古事記です。
飛鳥時代にはじまり奈良時代の712年に完成しました。

古事記は日本語が記された最古の書物です。
それ以前の書物は漢文で書かれていました。

当時の日本語は平仮名やカタカナがなく漢字で書かれているので、その漢字の意味から様々な解釈が存在するのも古事記の特徴です。

同時期に書かれた日本書紀は漢文で書かれています。何年に誰が何をしたかを記していて、海外向けの日本の歴史書等言う位置づけです。
古事記は上・中・下に分かれています。上巻が神の物語・中巻が神と人の物語・下巻が人と天皇の物語という構成になってます。
どこまでが神話でどこからが歴史なのか判断が難しいです。
神様の物語でも天の国、地上の国、黄泉の国に分かれていて、八百万の神と言われイスラム教やキリスト教の一神教と違い、
多神教なので沢山の神様が登場します。

なので話を分かり易くする為に、登場する神様もしぼりました。

では古事記物語のスタートです。

世界の始まりは陰と陽、天と地、それらが合わさったドロドロの状態から最初の神様がうまれた。
そして次々と神様がうまれ最後にうまれたのがイザナギイザナミという神だった。

そのイザナギとイザナミが作ったのが日本列島、最初に作ったのは淡路島、次が四国だった。
そして、そこに住む神様をつくった。

海の神、山の神、土の神、風の神、いろいろつくって最後に火の神をつくった時にイザナミは火傷をして死んでしまう。
悲しみにくれたイザナギはその後に火の神を殺してしまう。そしてイザナミを追って黄泉の国に行く。
イザナギはイザナミに帰ってきてよ、とお願いする。
イザナミは、たぶん難しいけど偉い神様に頼んでみるから外で待っててと伝える。
でも絶対に中は見ないでね、とも伝える。

しかしイザナギは待ちきれなくなって、中をのぞく。

そこで見たのは、腐敗し変わり果てはイザナミの姿だった。
それに驚いたイザナギは逃げ出すが、約束守らなかった事に激怒したイザナミは仲間をつれて追いかけてくる。

なんとか逃げ切ったイザナギは黄泉の国の出入り口を大きな岩で塞いだ。

イザナミは、こうなったからには生まれてくるものを1日に1,000人殺してやると言う。
それに対してイザナギは、じゃあ俺は1日に1,500人生むと言う。
(プラマイ+500人)

ここで生者と死者が分断される事になった。
たくさん死ぬがたくさん生まれる事によって繁栄は保たれると言う、現在の仕組みが出来上がった。

その後、イザナギは、黄泉の国が怖かったから体を清めようと思い川で体を洗っていると、その滴から新しい神様がつぎつぎに誕生する。

その中のレアキャラが、アマテラス、ツクヨミ、スサノオ、(三貴子)。
アマテラスには天の世界、ツクヨミには夜の世界、スサノオには海の世界を治めるように命じる。
 
しかしスサノオはワガママで暴れん坊で言う事を聞かない。
ママ(イザナミ)に会いたいと言い出す。
しかもその泣き声で災害を引き起こすほどだった。
だから海は神が収めてないので荒れる時がある、と言われている。

それをみていたイザナギは、黄泉の国へのトラウマもあり、勝手に行けと言い、スサノオを地上に追放した。
困ったスサノオは、せめてアマテラスお姉ちゃんに旅立ちの挨拶をしようと天の世界を訪れるけど、
アマテラスはあの暴れん坊のスサノオが挨拶にくるなんて悪に考えがあるに違いない、天の世界を乗っ取ろうとしているかもと警戒する。

スサノオは誤解を解こうとするが理解されす兄弟喧嘩になり収集がつかないのでゲーム(成約の儀式)で解決しようとする。
そのゲーム(成約の儀式)に勝ったのはスサノオ。スサノオは、本来の趣旨をわすれて、俺が勝ったと暴れ回る。
田んぼを荒らし家畜を殺し宮殿も壊し、人身事故もおこした。

この事態に怒りながらも傷ついたアマテラスは洞窟に入り、出入り口を岩で塞いだ(これが有名な天の岩戸隠れ)。
天の神であるアマテラスが洞窟に引き篭もったので世界は闇に包まれた。
一説では、日食を象徴しているとも言われている。

そこで神々が集まって、どうしたらアマテラスが出てくるかを考える。
オモイカネと言う知恵の神が中心となり作戦を考える。

まとまった考えは、踊りの神(女性)アマノウズメを踊らせて、そこでみんなが楽しそうにしていたら、気になって外を見にくるでしょう、
と言うものだった(アマテラスを出そうの祭り)。

作戦当日は、踊りの神アマノウズメが踊りまくる。まさに神がかり的な踊りだった。めちゃくちゃに盛り上がる。
踊りも激しすぎて上半身丸出しになっていた。それをみていた神様たちは、激しすぎるっしょと言い笑い転げいていた。

その騒ぎっぷりが気になったアマテラスは外が見たくなり岩を少しずらして外を見てみる。
その時に体をつかまれ、外に引きずり出される。
作戦成功で、アマテラスが外に出てきた事により、太陽のひかりが戻り世界は再び平穏になる。

その後、スサノオは天の国を追放され地上に降りる事になった。

地上を茫然と彷徨っていると一軒の民家を発見する。
そこでは、老夫婦と娘が泣いている。

理由を聞いてみると、ヤマタノオロチと言う首が8つある化物に娘を捧げないといけないと言う。

その娘クシナダヒメがスサノオのめちゃくちゃタイプだったので、ヤマタノオロチを倒すから娘さんをくださいと言う。
老夫婦もいきなりのことだったので驚くがその申し出を承諾する。

スサノオは作戦を考える。
大量の酒を飲ませて、酔っぱらったところを殺すというものを思い付く。

バケツにお酒を入れて待っているとヤマタノオロチが現れてお酒を飲む。
酔っ払っているその隙に一気に首を切り落として退治した。

そしてスサノオとクシナダヒメは結婚する。
その後、出雲(現在の島根県に新居を構えた)。

天の世界では、荒くれ者だったスサノオも地上の世界では幸せに子孫を増やしていった。

その後時は流れ、スサノオとクシナダヒメの子孫、オオクニヌシの話に移る。

今回は、ここまでです。
日本の神話は非常に面白いと思いませんか?

古事記は、娯楽用や教育用に作られたものと言う説もあります。
気になる方は、いろいろと調べてみて下さい。

以上、参考になれば嬉しいです。
ありがとうございました。

つづく

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マンガ面白いほどよくわかる! 古事記 [ かみゆ歴史編集部 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/9/9時点)

-勉強, 古事記, 歴史
-

Copyright© 自らの経験や体感した事を報告するブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.