勉強 経済

インフレ・デフレについて簡単に知りたい方、必見!!

今回は経済を理解するには欠かせないワード、インフレ・デフレ、さらにはハイパーインフレについて解説します。

インフレ・デフレとは

インフレとは商品やサービスの値段が上がりお金の価値が下がることです。年間2%のインフレになった場合を考えてみます。100万円で売っていた車が1年後には102万円になります。今年は100万円で買えていたけど来年は2万円足りないので買えません。つまり商品の価値が2%上がりお金の価値が2%下がったことになります。

日本は経済政策目標としてインフレ率2%を掲げています。インフレの場合に人々は『来年も値上がりするから今年に買っておいた方がいいよな〜』と考えるようになります。これは需要の喚起に繋がり経済が盛り上がりやすくなります。

ではどうしたらインフレ状態になるのでしょうか?これに関しては厳密には解明されていませんが、『需給バランスの崩れ』『通貨の価値が下がって輸入品が高くなる』場合にインフレになるのではないかと言われています。今回は『需給バランスの崩れ』の場合をみてみましょう。(ここからは分かり易く10%で考えてみます)

需給バランスの崩れ

これは欲しい人が多いのに商品が少ない状態です。100万円の車があった場合、欲しい人々が多いとすぐに完売になります。そして完売して生産が追いつかない状態になると『俺は110万円でも買うぜ〜』と言う人々が出てきます。そうなると企業は儲かるので急いで生産を増やすようになります。さらに急いで生産してもすぐに完売するようになると『私は120万円でも買うわよ〜』と言う人々が現れます。120万円で売れると企業は更に儲かるので急いで生産するようになります。さらに今までより早くかつ沢山の車を生産したいので人も雇って設備も拡大しようと思うようになり経済が活性化します。そして120万円でもすぐに完売する場合には『130万円でも買うよ〜』と言う人々も現れます。このようにして商品の値段がどんどんと上がっていくわけです。これが『需給バランスの崩れ』からくるインフレの正体です。

しかしどこかで状況が反転する瞬間が訪れます。値段が上がっていくと、こう考える人々が出てきます。『130万円は高いから要らね〜わ』。この瞬間から今度はデフレが始まります。130万円では車が売れにくくなり在庫が多くなります。そしたら企業は『ちょっと値下げでもしてみるか』となり120万円で売るようになります。こうすると少し売り上げは回復するけど今までみたいには売れていない状態になります。そしたら今度は110万円で売りに出します。この場合に人々は、『110万円でも買っても良いんだけど最近ずっと値段が下がってきてるからもう少し待ってみるか』と考えるようになります。結局、企業は100万円で車を売る必要が出てきたとなるわけです。

買う側にとっては、安く買えるしメリットが多そうに見えますが問題があります。企業は130万円でも売れると想定して雇用や設備を拡大してきたのでそれを100万円で売ると利益が減ることになります。そこで給料を減らしたり従業員を削減する等の対策が必要になってきます。企業で働く人々にとっては給料が下がったり、リストラされたりする不安があるので買い物を控えるようになります。さらに『もう少し値段が下がるまで待ってみようか』と言う考えになり、一段と商品が売れなくなる為さらにデフレが進行します。インフレとは逆に商品の価値が下がりお金の価値が上がることになります。

分かり易いようにインフレ・デフレ率を10%で考えてみましたが経済は毎年2%程度のインフレで推移する事が望ましいと言われています。日本は長年のデフレ状態にあります。それなら『ずっとインフレが続いた方が良いんじゃないの?』と思う人もいるでしょうが、そうでもありません。インフレも行き過ぎると悪影響が出てきます。インフレが行き過ぎた状態をハイパーインフレと言います。

次回はハイパーインフレの世界を解説します。

インフレ・デフレについては様々な要因が絡んでいるので単純ではありませんが基礎理解には十分だと思います。

以上、参考になれば嬉しいです。
ありがとうございました。

つづく。

-勉強, 経済
-

Copyright© 自らの経験や体感した事を報告するブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.