勉強 古事記 歴史

古事記を分かり易く簡単に解説、景行(けいこう)天皇の時代以降

古事記を解説、最終回!!

12代目景行(けいこう)天皇の時代の話

この頃に熊襲(くまそ)と言う九州南部の勢力が、『大和には従わないぞ』と言って敵対するようになった。そこで景行天皇の息子、ヤマトタケルに制圧を頼んだ。するとヤマトタケルは見事に熊襲を制圧してきた。

そしたら今度は、東側(東北地方)の制圧もお願いと頼んだ。関東を進んで行き東北も制圧したが、その帰り道に三重県の辺りで山の神の祟りにあって死んでしまった。

後に天皇となる予定だったヤマトタケルは白い大きな鳥となって天界に羽ばたいていった。

ヤマトタケルの子孫、仲哀(ちゅうあい)天皇の時代へ

仲哀天皇の奥さま、神功皇后(じんぐうこうごう)の身体にアマテラスが乗り移る。それは『新羅(しらぎ、現在の朝鮮半島)を目指しなさい』と言う言葉を伝える為だった。その言葉を疑った仲哀天皇は呪いにかかって死んでしまった。

なので神功皇后が自ら新羅を攻めに行くことを決意した。神様の力を味方につけた神功皇后は一気に新羅を制圧した。

16代目仁徳(にんとく)天皇の時代

仁徳天皇の時代は、まさに国民ファーストの政治だった。仁徳天皇が高台から街を見たときに街から煙が上がっていない様子をみて『国民は食事を作ることが出来ないんだ』と気付いた。その為、国民への課税と労役を廃止して天皇自らも極貧生活を送ることにした。

そのお陰で国民は食料に苦労しなくなった。また高台から街を見たときに煙が上がっている様子をみた天皇は、とても喜んだ。

このことから聖の帝(ひじりのみかど)、徳の高い天皇として後世にまで言い伝えられるようになった。

この後もいろいろとありながら血脈は受け継がれていき、33代推古天皇まで受け継がれていると言う所で古事記は終了となっている。

これで古事記の解説を終わります。
興味のある方は、いろいろと調べてみて下さい。

以上、参考になれば嬉しいです。
ありがとうございました。

-勉強, 古事記, 歴史
-

Copyright© 自らの経験や体感した事を報告するブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.