勉強 戦国武将 歴史

戦国時代の有名武将 織田信長について簡単に知りたい方、必見!!

織田信長ってどんな人物



wikipediaから引用

織田信長 (1534年6月23日-1582年6月21日)

日本で一番人気のある戦国武将 織田信長について解説します。

織田信長について覚えておくべき事 4つ

1.桶狭間の戦い(おけはざまのたたかい)
2.鉄砲という新兵器
3.仏教勢力との戦い
4.本能寺の変(ほんのうじのへん)

1.桶狭間の戦い(おけはざまのたたかい)

織田信長は1534年に尾張(現在の愛知県)で戦国大名の家に生まれる。
子供の頃は暴れん坊でうつけ者(ばか者)と呼ばれていた。
18歳の時に父親が亡くなり、そこから尾張一国の支配を全国に広げていく。

当時の時代背景
室町幕府は京(現在の京都府)にあったが応仁の乱によって幕府内で内輪揉めが起きていた。応仁の乱とは簡単言うと後継者争いで11年も続く。その間に各地で力を付けた武士が出てくる。日本各地で幕府の力の及ばない独自の国家として権力を持ったのが戦国大名だった。その中で尾張の戦国大名が織田信長だった。

信長は室町幕府のある京を含めた近畿一帯を支配しようと天下統一を掲げて隣国と戦っていった。信長の名前を全国に轟かせたのが1560年の桶狭間の戦いであった。
駿河(現在の静岡県)を支配していた今川義元は当時の最大勢力だった。今川が2万5千人の勢力に対して信長はわずか2千人。10倍以上の人数差があったが奇跡をおこして今川義元を倒した。戦略に関してはいろいろな説がある。地形や天候を利用したとか、油断している所に奇襲をかけた等がある。誰もが想像していなかった信長の勝利でこれをきっかけにどんどん有名になっていく。

2.鉄砲という新兵器

1568年、信長は室町幕府の将軍足利義昭をたてて京都を目指す。当時はすでに将軍と言っても実際の力は無く室町幕府は機能してなかった。しかし義昭と手を組んだほうが政治もやり易かった。同時に天下布武の印を掲げて武力によって天下を統一すると全国に知らしめていた。

尾張から京都に攻める為に三河(現在の愛知県東部)にいた松平と手を組む。(西に攻めて行く為に東を抑えた)この松平が後の徳川家康である。そして美濃(現在の岐阜県)を支配して岐阜城に移る。信長がとても強かった理由は鉄砲だった。ヨーロッパから種子島(鹿児島県)に伝わっていた鉄砲に目をつけて大量に作らせた。鉄砲があれば無敵じゃん、作りまくれと指示を出していた。信長の有名な戦い1つ長篠の戦いでは、用意した3,000丁の鉄砲を使い騎馬中心の武田軍を撃ち破った。

信長は新しいものや考えをどんどん取り入れる性格だった。当時は誰でも商売は出来ない状態だった。しかし信長はそんなのおかしいだろ、みんな自由に商売していいよ、と認めた。これを楽市楽座と言う。

3.仏教勢力との戦い

隣国の戦国大名も敵だったが信長にとって、もう1つやっかいな敵がいた。それが仏教等の宗教勢力。当時のお寺は今と違い武力をもっていて他の大名を支持する宗派もあった。旧仏教勢力の中心は比叡山延暦寺。信長は他の武将の味方をするなと延暦寺に申し入れをするが拒否される。そこで1571年に3千人もの人々を焼き討ちにする。その後も新仏教の一向宗と戦う。伊勢長島(現在の三重県)の一向宗とは4年間も戦い最後は2万人を焼き殺した。

当時はいつ裏切られるか分からない戦国の世の中なのでどの武将も倒した相手に対して残虐な事を行なっていた。歯向かわないように徹底的に倒していた。

4.本能寺の変(ほんのうじのへん)

1582年、信長は近畿から中部地方の大半を支配していた。それでも歯向かってくる大名が沢山いた。その中の1人が石山本願寺を助けていた毛利だった。この毛利を討つ為に家臣の羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)を差し向けるが苦戦する。じゃあ俺がやってやろうと言う事で安土城を出発した信長は京都の本能寺に泊まる。そこで家臣だった明智光秀が謀反をおこす。敵は本能寺にあり、明智光秀の有名な言葉。なぜ明智光秀が織田信長を裏切ったかは諸説あって正解には解ってない。

明智光秀が1万人、織田信長はわずか30人だった。武力によって天下統一に突き進んでいた信長は道半ばて敗れてしまった。 

今回は、織田信長の事を凝縮してお伝えしました。
そのほかにも沢山の出来事や人物が関わっていますので、興味のある方は、調べて見てください。

これで織田信長について覚えておくべき事4つを終わります。

以上、参考になれば嬉しいです。
ありがとうございました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小学館版 学習まんが人物館 織田信長 [ トミイ 大塚 ]
価格:990円(税込、送料無料) (2020/9/10時点)

-勉強, 戦国武将, 歴史
-

Copyright© 自らの経験や体感した事を報告するブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.