勉強 歴史 経済

世界恐慌について簡単に知りたい方、必見!!

コロナウイルスの影響で世界経済が大混乱

日本でも再び感染が広まり経済支援政策の一時停止や営業自粛などの要請によりダメージも蓄積しています。
2020年が世界恐慌の始まりではないか?と言う声も聞こえるようになりました。
そのような状況の中で今回は世界恐慌とは何なのか?、普段の生活にどのような影響があるのか?世界は今どう言う状況にあるのかを解説します。

1.世界恐慌が起きた背景

1920年代はヨーロッパが世界の中心でした。イギリス、フランス、ロシア、ドイツなどが覇権を争っていました。そんな中で第一次世界大戦が起きました。戦場がヨーローパ大陸だった為、終戦後のヨーロッパ経済はボロボロでした。そんな中でアメリカは途中から参戦した事や地理的な要因も有りそこまで影響を受けていませんでした。そしてアメリカは自国の製品をヨーロッパ諸国へ輸出する事で経済を発展させていきました。アメリカ経済が発展していくと株式市場も賑わっていきます。株価もどんどん上がり『借金をしてでも株を買う』と言う状況になり、NYダウ平均株価もかなり過熱感のある相場になりました。

その一方で時間が経つにつれヨーロッパ経済が回復してきました。『もうそんなにアメリカを頼らなくても大丈夫じゃね〜?』と言うような状況が整ってきました。それでもアメリカ株式市場の上昇は止まらず1924年から1929年の5年間でNYダウ平均株価は5倍になりました。まさに倍々ゲーム(バブル)の状況です。

この様子をみた一部の投資家の中には『実経済と株価が乖離しすぎている』と考える人たちが出てきました。その後、株価は大暴落します。これが1929年10月24日『暗黒の木曜日』と呼ばれている一連の株価暴落劇です。さらに株価が再び大暴落した10月29日は『悲劇の火曜日』と呼ばれています。株価がもち直す局面もありましたが結果的には下落し続け1932年にはNYダウ平均株価は40.56ドルを記録しました。これは高値から約90%の下落でまさに大暴落です。日経平均株価で例えると26,000円から短期間で2,600円になるほどのインパクトです。

株価暴落から来る不況が全世界に広がりそれが1933年まで続いた事を世界恐慌と言います。

2.世界恐慌の影響

『株価が大暴落したのは分かったけど、株を持っていなかったら関係なくね?』と思うでしょうが、そうでもないです。世界恐慌が起こると失業率が上昇します。この時アメリカの失業率は約25%でした。友達4人集まると1人は職が無いと言う状況です。なかなか厳しいです。『失業率が上がっても、俺は安定した所に勤めているからあんまり関係無いかな〜』と考える人もいるかもしれません。しかしこれは他人事ではありません。失業率が上がると自殺と犯罪が増えると言われています。

またリストラをしても耐えられない企業も出て来ます。その場合は給料削減になったり最悪の場合は倒産します。世界恐慌時のアメリカでは約35%の給料カットがおこなわれたそうです。月収30万が20万になるイメージです。月々の支払いが出来なくなったり子供の学費が払えなくなったりして普段の生活が出来なくなります。

『でもこれは90年前に起こった事で、今は時代が違うよ』と言う意見もあります。

世界恐慌とまでは行かなくても直近の不況ではリーマンショックがありました。アメリカと日本の経済はより密接になっているのでリーマンショックは日本でも大きな影響がありました。2008年から2009年にかけて日経平均株価は約50%下落しました。当時の日経平均株価の最安値は6,994円90銭でした。今の株価の3分の1以下です。なので世界恐慌は歴史上の昔話では無く自分も当事者になるかも知れないと考えておく事が大切です。

3.コロナウイルスと世界の現状

直近の不況はリーマンショックでしたが、これは金融危機から実経済にダメージが広がるという流れでした。今回のコロナウイルスは人や物の流れが遮断されると言う事態になっており実経済がタメージを受けている状況です。なので経済的なダメージはリーマンショックを上回ると予想されています。数ヶ月前にIMFが世界はマイナス3%成長と予想、『大恐慌以来の悪化』と言うニュースが流れました。これは世界経済から約500兆円のお金が失われると言う事らしいです。規模がデカ過ぎてよく分かりませんが簡単に言うと世界恐慌以来の危機に直面しているとの事です。各国で失業率の悪化や暴動等が起こっているそうです。

そして最大の問題点は、『この先コロナウイルスの影響がどうなるかは、未だに分からない』と言う事です。影響が拡大すれば、世界恐慌以上の状況になってもおかしくは無いそうです。

12月11日金曜日にFDA(アメリカ食品医薬品局)がアメリカ製薬大手のファイザーとドイツバイオベンチャーのバイオンテックが共同開発した新型コロナワクチンの緊急使用許可を承認しました。ワクチン接種は12月14日からスタートしましたが、医療従事者や介護施設の高齢者が優先されるため、一般に接種が始まるのは来年2021年2月か3月頃になる見通しだそうです。

未来については分かりませんが、感染防止と経済についてしっかりと考え青年経済人として責任ある行動をとっていこうと考えています。

有名なエピソード

アメリカ35代大統領J・F・ケネディの父親のジョセフ・ケネディは、ウォール街で巨万の富を築き政治家になりました。その彼が当時ウォール街で靴磨きをしていた少年が株の話をしているのを聞いて、『これから先、株を買う人は居なくなる』と思い自分の持ち株を全部売って、その後の大暴落を免れたそうです。『一般大衆の隅々まで株の関心が高まっていると言うことは高値に違いない』との判断です。

時代が変わっても人の心理や行動は同じなので、もともと株式投資をやっていた人に加えて興味が無かった人も株式投資の事を話出したら高値の警戒信号と私は考えます。

コロナ禍での株価上昇、政府日銀のETF買い支え、実経済との乖離、興味を持つ人が増えた、不況など様々な要因が絡んできますので状況をみて判断し行動していこうと思います。


以上、参考になれば嬉しいです。
ありがとうございました。

-勉強, 歴史, 経済
-

Copyright© 自らの経験や体感した事を報告するブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.